ページの先頭です。

プレスリリース

  • PDF版を見る

デジタル家電やパソコンなどの年間販売台数No.1メーカー決まる
――「BCN AWARD 2016」 受賞社発表
~あわせて「BCN ITジュニア賞 2016」受賞者を発表~

2016年1月15日

株式会社BCN(本社:東京都千代田区、奥田喜久男 会長兼社長)は1月15日、「BCN AWARD 2016」の受賞社を発表した。全国の主要家電量販店やカメラ量販店、パソコン専門店、ネットショップなどの実売データをもとにデジタル家電やパソコン関連製品の販売台数を集計、部門別に2015年の年間販売台数No.1メーカーを表彰するもの。17回目を迎える今年は、120部門で60社が受賞した。

【初受賞や新設部門など、受賞社の主な顔ぶれ】

 デジタル家電やパソコン、それら関連製品とソフトウェアの部門別販売台数年間No.1メーカーを決めるBCN AWARD。「BCN AWARD 2016」では、ハードウェアは87部門で39社、ソフトウェアは33部門で21社が受賞。計120部門で60社が受賞した。
 既存各部門での初受賞社は計9社。ハードウェア部門では、「4Kテレビ部門」でシャープ、「デジタルビデオカメラ部門」でパナソニック、「デジタルフォトフレーム部門」でオンキヨー&パイオニアイノベーションズ、「三脚・一脚部門」でベルボン、「デジタルチューナー部門」でアバーメディア・テクノロジーズ、「メモリカード部門」でアイ・オー・データ機器、「USB部門」でバッファロー、「PCケース部門」でENERMAX TECHNOLOGY CORPORATIONの計8社が初めて受賞した。ソフトウェア部門では、「フォントソフト部門」でモリサワが初めて受賞した。
 今回新設した2部門では、「アクションカム部門」でGoPro、「SIMフリースマートフォン部門」でASUS JAPANがそれぞれ受賞した。
 また、今回No.1を奪還した主なメーカーは次の通り。「デジタルカメラ(ミラーレス一眼)部門」と「ICレコーダー部門」がオリンパスでそれぞれ2年ぶりの受賞。「BDプレーヤー部門」でソニーが5年ぶり、「電子ピアノ部門」がヤマハで2年ぶり、「UPS部門」がシュナイダーエレクトリックで2年ぶり、「データ管理ソフト部門」が東洋経済新報社で2年ぶり、「ビデオ関連ソフト部門」でサイバーリンクが14年ぶりにNo.1を奪還した。(そのほかの各部門受賞社は一覧をご参照ください)

【17年連続受賞メーカー】

17年連続でBCN AWARDを受賞したのは下記の通り(7社13部門)。

①クリエイティブメディア「サウンド関連ボード部門」
②バッファロー「LANカード部門」
③ワコム「ペンタブレット部門」
④日本マイクロソフト「OS部門」「プログラミングソフト部門」「統合ソフト部門」
 「データベースソフト部門」「表計算・グラフソフト部門」「プレゼンテーションソフト部門」
⑤ジャストシステム「ワープロ・エディタソフト部門」「FEPソフト部門」
⑥弥生「業務ソフト部門」
⑦筆まめ「葉書・毛筆ソフト部門」

【「BCN AWARD 2016」表彰式開催概要】

受賞社のトップをお招きし「BCN AWARD 2016」表彰式を開催します。メディア各社様の取材も可能ですので、ぜひおいでいただきますようご案内いたします。
開催日時:2016年1月29日(金)15:00~17:00(開場14:30)
開催場所:東京国際フォーラム B7ホール(東京都千代田区丸の内3-5-1)

<BCN AWARDとは>
「BCN AWARD」は、全国の主要な家電量販店、パソコン専門店、ネットショップの実売データを集計するBCNが、そのデータをもとに年間(1月1日~12月31日)販売台数累計第1位のメーカーを表彰する制度です。「BCN AWARD 2016」の集計対象は、22社/2,464店舗です(※)。受賞社の決定にあたっては、5名の有識者からなる認証委員会を設置し、委員会の認証を経る公正な評価システムを導入しています。

※集計対象社は、当社と販売店との間でデータ提供契約を締結している法人数をカウントしています。また、店舗数は新規出店/統廃合などにより若干変動いたします。

<実売データ提供販売店>
アベルネット、アマゾン ジャパン、エディオン、NTTレゾナント、ケーズホールディングス、ドスパラ、サンキュー、上新電機、スタート、ストリーム、ソフマップ、ZOA、ナニワ商会、ビックカメラ、ピーシーデポコーポレーション、ベスト電器、三星カメラ、ムラウチドットコム、MOA、ユニットコム、ラオックス、楽天(楽天ブックス)(50音順)

<後援>
一般社団法人 コンピュータソフトウェア協会
一般社団法人 コンピュータソフトウェア著作権協会
一般社団法人 電子情報技術産業協会
一般社団法人 日本コンピュータシステム販売店協会
大手家電流通協会
公益財団法人 日本生産性本部

<協力>
日本事務器株式会社

BCN AWARD 2016 受賞社一覧







< 「BCN ITジュニア賞2016」 >

 株式会社BCNは、技術立国日本の次代を担う若い世代にものづくりの情熱を伝え、IT産業に一人でも多くの優秀な人材を迎えるために、2006年に「BCN ITジュニア賞」を創設。今年で11年目を迎える。
 「BCN ITジュニア賞」は、特定非営利活動法人ITジュニア育成交流協会からの推薦を受け、ITに取り組む若者を対象としたコンテストで優秀な成績を収めるなど、すぐれた技術をもつITジュニアの学生を表彰する制度。今年は、高等専門学校の生徒が参加する「全国高等専門学校プログラミングコンテスト」、工業高校生を対象とした「高校生ものづくりコンテスト全国大会」「全国高校生プログラミングコンテスト」、全国の22歳以下を対象とする「U-22プログラミング・コンテスト」、若年者のものづくり技能を競う「若年者ものづくり競技大会」の入賞者から、すぐれた技術をもつ5チームと個人5名を選出、「BCN AWARD」表彰式の会場で表彰する。
 「BCN ITジュニア賞」の表彰式は、「BCN AWARD」の表彰式と同じステージで行われる。IT関連メーカーのトップから激励と表彰を受けることで、若者たちにものづくりに取り組む情熱がさらに燃え上がることを期待する。

< 「BCN ITジュニア賞2016」受賞チーム・受賞者 >
・長野県松本工業高等学校 渡邊 颯
・中馬慎之祐(成蹊小学校)
・清水 大輝(米子工業高等専門学校)
・藤坂 祐史(筑波大学)
・河原電子ビジネス専門学校 「KBC射的屋」チーム
・国立東京工業高等専門学校 「ホップ!ステップ!マップ!」制作チーム
・国立弓削商船高等専門学校 「Smart AIS」制作チーム
・国立八戸工業高等専門学校 「プログラムが一晩でやってくれました!」制作チーム
・大分県立鶴崎工業高等学校 西田 悠真
・山梨県立谷村工業高等学校 工学研究部 プログラミングコンテストチーム

<協力>
特定非営利活動法人 ITジュニア育成交流協会

株式会社BCN
101-0047 東京都千代田区内神田2-12-5 内山ビル
TEL 03-3254-7801   FAX 03-3254-7808
※本件に関するお問い合わせは下記までお願いします。
BCN AWARD 2016実行委員会

プレスリリースの内容は発表日現在の情報です。
時間の経過などにより現状とそぐわなくなる可能性があります。

Get ADOBE READER
PDFファイルの閲覧には「Adobe Reader」が必要です。
左の「Get Adobe Reader」のボタンから、無料でダウンロードできます。

株式会社BCN
〒101-0047 東京都千代田区内神田2-12-5 内山ビル